花粉対策メガネの特徴や花粉侵入量をとこまで防ぐことが出来るのか


花粉対策メガネで目を花粉から守るために必要なこと

花粉症を患っている人は花粉が舞う時期になると、鼻水や目のかゆみなどのつらい症状に悩まされ日々、憂うつな気分になるといいます。少しでも症状を軽減するため、流行前から薬を飲んだり様々な対策をしている人は多いです。特に目に関しての症状は目に傷がつかないようにするなど、注意が必要です。目に対しての花粉対策は目薬を使うなどいくつかありますが、なかでも花粉対策用のメガネは手軽に使用出来ます。

顔のカーブに沿ったメガネフレームが目に対して花粉の侵入を軽減するほか、つい手で目を擦ってしまう仕草も同時に防ぐことが期待されます。花粉の侵入を完全にブロックするわけではありませんが、メガネをしないよりも花粉の侵入量を大幅に減少させることが可能です。

花粉対策メガネのメリットとデメリット

メガネの選び方は顔のカーブにメガネフレームが合っているかが重要です。花粉対策のメガネは一見すると通常のメガネに見えますが、サイドから見ると顔のカーブにそってフードという目の周辺を覆うカバーがとりつけられています。きちんとフードが顔にそったものであるかは重要であり、その他にもレンズ自体がカーブをしていて視野の範囲が広いスポーツタイプのものもあります。

花粉対策メガネとマスクの両方をしていると、メガネが曇ってしまうデメリットがあります。しかしそれを防ぐための曇り止めスプレーなどのアイテムを用意することをおすすめします。メリットは花粉の侵入を最小限に出来ることで、花粉対策メガネのなかにはUVカットやブルーライトをカットするものもあり、自分に必要な機能をチョイス出来るのです。

メガネの花粉防止ができる製品は、目の周りを完全に覆えるものや、微細な花粉をキャッチするシートが付いたものまで色々あります。

ファッションの定番アイテムTシャツをオリジナルプリントで Previous post ファッションの定番アイテムTシャツをオリジナルプリントで
ファッションは誰が作っているの?乗せられるだけではつまらない Next post ファッションは誰が作っているの?乗せられるだけではつまらない